秘密にしていたけれど、1941年の秋、マリーゴールドは全然咲かなかった。

.





気付いたら、年が明けて
もう8日も
経っていました。
あー。

取り立てて何事もないのですが

年明けは、
箱根駅伝2019
嵌りました。

もともと父親がスポーツ全般の観戦がすごく好きで
(とくに陸上競技)
いつも箱根駅伝は
父親がテレビの前を陣取って
釘付けになって
夢中で観戦してるっていうのが
我が家のお正月の光景の
ひとつだったので
昔からわたしも
片手間に観てはいたのですが。

今回、初めて真剣に(そこそこチームや監督や各選手のことなども予習しながら)観てみたら――。

まあ、
面白いのなんのって!

とくにわたしは
フレッシュグリーンの襷、青山学院大学を、夢中で応援しましたよ◎

知れば知るほど奥が深い‥!

陸上競技。

すごいなぁ、
そもそも20キロ全速力で走るんやもんね‥

それでね、
選手ひとりひとりがチームや仲間のために
懸命に襷を繋いでいく姿に‥
号泣。

涙涙涙涙。

もう、とめどなく、泣ける。

選ばれた10人だけじゃなく、
裏方の、
スタッフに廻った学生さんも
取り組みやその姿勢が
ほんとうに素敵で。

友情とか

それから、
そのご家族の愛とか

どの選手にもそれぞれ、
ドラマがあって
それを
支える人たちがいて

とにかくみんな一生懸命、心をひとつにして
おんなじ目標に向かって
必死で
頑張っていて。

なにより!

気持ちがピュアで、

熱くて強くて

‥泣ける。


素晴らしいわ。


それでわたしは
得意の(←)
youtubeで
過去大会のドキュメンタリーとか
いろいろと探して
観てしまうわけなのです。
夜な夜な。

いっろいろ!

ほんとうに様々な大学チームを見て、
青山学院大学が、やっぱりいちばん!好きだっていう
結論に至る。

とくに今年は。

史上3校目の
5連覇がかかっていたのだけど
残念ながら
それは潰えてしまったわけです。

なのだけど、
往路6位(トップとの差5分半)から
最後まで諦めず
それどころかぐんぐん追い詰めて
結果‥
復路優勝!
総合準優勝!

それが素晴らしかった。

とくに6区(山下り)の小野田くんがっっ。

前日、暗い表情をしていた
原監督に向かって
「監督!僕たちはまだ逆転を諦めていませんよ!
明日の山下り、
最後の3キロ死ぬ気で走るんで
観ていてください!」
って言ったんだって。

そのエピソード知って
もう、勝手にもらい泣きしたよね。←いったい誰位置なの、わたし。

それで、結果、区間新記録!!(感動◎)

前人未到の‥57分57秒!

ほんとうに
素晴らしいんですけどっっ。
彼らの努力がもう。

もはや、
観ているこっちが成長させられる。

そんなドキュメンタリー観ながら
すっごい感動しているの。
毎晩。

じぶんのことも
さまざま
考えさせられるわ。
日々、とくになんの努力もしていないじぶんのこと
省みる。

ぬるま湯。

こんなんじゃ
だめだな、
ほんとうに。


何かに懸命に打ち込んで頑張っているひとは
とてもとても素晴らしくて
犠牲にしているものや
我慢していることも
きっと沢山あるのだろうけど
それよりもっと
生きてる、って
感じだよね。


ああああ。

もうすでに来年の箱根駅伝が
楽しみだもん。
(気が早い)

青山学院大学、黄金時代。

常勝チーム。

またここから
伝説を創ってほしいなァ‥!

すっごくすっごく

応援してます◎








(追記、)
とにかく無性に
泣きたい夜は

彼らのドキュメンタリー動画をみるといいよ。

おもいっきり
感情が
振れるから。

わたし、
(オリンピックでもそうだけど)
スポーツ観戦って
ほんとうに
大好き。

ほろほろ泣けるわ。


あの一瞬のための365日で
4年間で

たゆまぬ努力で

青春で、感動。


自分が走り終わったあとの
仲間を信じる強さや
チームワークや
例えばミスした選手のことを責めるわけでもなく
そしてちゃんと、
他校の
ライバル選手のことも
褒め称えて
認めてて。

スポーツマンシップ

その気持ちが
ほんとうに素晴らしい。

そもそも志が高いし、
(high position)
かけがけのない時間を過ごしながら
学生生活や
寮生活のなかで
人に揉まれながら
いろんな気持ちを知って
きっと
一生の財産を手にしているんだな、って思う。

そしてそこに携わる指導者も
(その影響力も)
凄いです。


(だけど。
夜な夜なそんなんばっかりしていたら、
さっきうたた寝しちゃってて‥
その合間に見た夢で
わたし、
おもいきり階段を
駆け下りてた。←苦笑
超高層ビルの、
130階から100階まで降りてきたところで
目が、醒めたよ。)


もう一度、布団にくるまって。

好きなひとの
声の温度を
おもいだしながら

眠る、眠る‥ねむる、

よる。

(冬の次は、春*)




まあ、とにかく。

そこそこの熱量で

駅伝が
おもしろいって
はじめて気付いた。


2019年の始まりは‥

箱根駅伝に嵌りました。












.

by allofmefor-8 | 2019-01-08 23:57 | TV、movie | Comments(0)