カテゴリ:TAKARAZUKA、TV、movie( 64 )

東京日記

.




わーん、
ちぎさんの
舞台もショーも
ほんっと素晴らしくて
感動した*

舞台では笑って、
ショーでは堪え切れず
泣いてしまったけど

今日はじつは10列目だったので

ジェンヌさんに
いっぱいみてもらった
(気がして)
嬉しかった。

とりわけ、
ある曲で目の前に立っていた
桃花ひなちゃんとは
ずーっと
目が合っていて
わたしが泣いていたら
優しく微笑んで
くれました*

感激。

そして。

ななななんと!

ちぎさんにもっ!!!!(;_;)

指さされたし
ニコって笑ってもらったし
目も合ったッ。涙
(とおもうのーっ)
もう、もう、
もォ――(感涙)

勘違いじゃなければっっ。←

何度かっ。

ああああ、
幸せ過ぎたよーう。
(;_;)(;_;)(;_;)(;_;)‥

一生の
思い出にします*

たからもの。




舞台が終わったあとは
ギャラリーも
できて、

ちぎさん、
トップスターなのに
まさかの!
いちばん先に
出てきて←

颯爽と
肩で風を切って
目の前を歩いていかれたの
ものすごく近くで
みられて、
ほんっとに感動でした。

‥細いッ。

日に日に痩せていかれる‥
ああ、もっと
もっと
食べてくださいね‥

白くて細くて
いまにも消えてしまいそうなぐらい
儚かったです、

1ヶ月前より
またさらに細く
なったような――。


美人なひとって、儚いよね‥


そのあと、
あすくんも出てきたところまでは
みられたんだけど、
突然雨が降ってきたので
そこでわたしは
帰りました*

翔くんもみたかったな、
できれば。


わたし、
ちぎさん卒業後は
彩凪翔くんが
好きみたい。

今日も、
ちぎさんの出ていないところでは
翔くんを無意識に
探していて
自分でも
わかりやすいなーと。笑

あと、
真那春も好き。
イケメンやわー。
ひとこちゃんも
いいし。

これからも
雪組を
ひっそりと応援します。




ギャラリーしたあとは、
お友達のおうちへ。

こんな夜でも
全然いいよって
(新生児がいるにも関わらず)
両手を広げて
あたたかく
迎えてくれて。

産まれたばかりの
赤ちゃんをみに
行ってきましたっ*

結構、
長居してしまった。

ほんっと、
よく産んだねぇ、
感慨深い。

おともだちとは
もう、何年の付き合いに
なるだろう?

自分の人生の
半分以上を
共にしているひと。

お互い、
これまでのことは
なーんでも、知ってる。
へへへ。

年上で。
彼女の出産は
わたしの
勇気になりました。

旦那様は7個年下!

夢があるーッ。笑

わたしも
いつかなれるかな、
もう無理かな、
真面目に
そんなことを
考えながら――。

子供ってやっぱり
無条件に可愛いですね、

玉のようでした。
素晴らしい
存在。

いいなぁ、

旦那様もとてもとても優しくて。

幸せそうだったなァ――。

安心した。

またすぐに、
会いに来るからね*


しあわせの
お裾分け、

ほんとうにありがとう。

胸がいっぱいに
なったよ*




そして
明日は。

あともう一回。

今度こそ
最後の観劇です。

大好きなちぎさんを

大好きな
いまの、雪組を。

目に
心に、
焼き付けます――。


まみちゃんにも会える*


すばるとも
同じ空のした*


嬉しい嬉しい
東京の夜。


あっ、
関ジャムやってるし!

みようーっと☆








.
[PR]

by allofmefor-8 | 2017-07-16 23:41 | TAKARAZUKA、TV、movie | Comments(0)

むせかえるような、夏の空気

.





ああああ、
明日の準備
まだなんにもできてない
ごろごろー

クーラー依存症。

お昼寝
してました。


関ジャニ∞の
新しいツアーが
開きました*

この夏の始まりと、終わり。

秋の入口、まで。

すばると。

一緒に
どこまで
ゆけるかなァ、


『その向こうにみえるものは。』


最後の福岡まで
怪我なく
無事に
全員笑顔で
完走できますように――。








そしてわたしは。

明日から
すこし、東京です。

東京宝塚劇場

ちぎさんの
卒業まで
あと‥

1週間*

――寂しい。
さみしいさみしい、
淋しい

日に日にその寂しさが
胸に募ります。


もう、
その姿を
みられなくなってしまう。

わたしは。
男役の、
早霧せいなさんが
誰よりも
なによりも
大好きだから

これから
徐々に女性に
戻っていかれる
早霧せいなさんを
受け入れられるかどうかが
多少、
心配なところ。

他のトップスターさんのように

髪の毛を伸ばしたり
スカートを履いたり‥

いつか、
ちぎさんも――。

それがいまは
想像つかないなァ。

ずっと
いまのままで
いて欲しい気持ちが強いのは、
宝塚初心者の
ただの
わがままです。


初めて、
おんなのひとに
恋心(‥に、似たような感情)を
抱きました。

初めて、
おんなのひとを
心の底から
恰好いいとおもいました。

徹底して、男役。

(他のジェンヌさんは
やっぱりどこかで、ふんわり女性的
な部分が
垣間見えるのだけど、)

ちぎさんは。

どこまでも
気持ちがいいぐらいに
とことん、男役。

突き抜けるように
男役。

夢でも現実でも
ずっと
男っぽくいらっしゃる
その姿に
心底
憧れを抱きました。

女性が憧れる男性像。

理想そのまま。

ちぎさんが
このままずっと
男役だったらいいのになぁ――。

少年っぽく
あどけなく
ずっとずっと
無邪気に
笑っていてほしい。

どうか、
そのままでいてください。

もうすこしだけでも。

そんな
複雑な気持ちを
抱えながら。


わたしの、東京旅。

2017年の
夏。


楽しく、

行ってきます*




e0035992_19163329.jpg







.
[PR]

by allofmefor-8 | 2017-07-15 18:53 | TAKARAZUKA、TV、movie | Comments(2)

早霧せいなラストデイ ライブ中継【幕末太陽傳】

.




嘘でしょぉぉぉぉ――ッ!!



ちぎさんのっ、
千秋楽ライブ中継
落ちたぁぁぁぁ――ッ!!(号泣)



まさかの、落選――。


えぇぇぇぇ――ッ(;_;)

落ちることなんて、
あるの!?


映画館、
全国での
ライブ中継やのに――????

名古屋が
そこしかないから??


浜松にしたほうがいいかな??


わーん、
どうしようどうしよう!

行けなかったら

どうしよう!!


明日の一般発売に
全精力を!
心血を注ぎますッ。
(必死)



取れますようにッ。


どうかどうか――!(祈)
(‥神様ッ。)






.
[PR]

by allofmefor-8 | 2017-06-30 16:16 | TAKARAZUKA、TV、movie | Comments(0)

もしかしたらいつも‥遠くにあるもののことを考えている

.





今日あった、
いちばん嬉しかった
出来事。


わたし、最近
オークションとかで
よく
ちぎさんの過去の作品の
(もう手に入らなくなってしまった)
パンフレットとかを
ぽちぽち
地味に集めたりしてる
んだけど

あるご出品者の方が、

わたしが落札した
パンフレット
のほかに、

お手紙と、
ちぎさんの舞台写真と、
そしてさらに
丁寧に
ラミネート加工された
舞台チラシを
おまけとして
付けて下さっていて‥

もう、ほんっと
こころがぽわんと
あたたかくなりました。

感謝の気持ちでいっぱいに*

ぽかぽか
満たされました。

なんとも言えない
しあわせな気持ちに
包まれて。

その方へは
一字一句心を込めて
感謝の気持ちを添えて
お礼のメッセージをし、
その方の住所を
綺麗に切り取って
保存。

何かあったらお返ししようかな、とまで
おもったりもした*

ほんの短いお付き合いのなかで、

なんて過分な
お心遣い。

ありがたい。


嬉しくて嬉しくて

素晴らしい方だな、と
感動しました。

ああ、もう
いまも
しあわせ。

何度も何度も、
嬉しかった。

そんな出来事。







**

そして。

わたし、
エイトが北海道へ
行っている間、
ちょうど
3連休!のところ

東京へぷらり、
一人旅しますっ。

(すばるはいないけどっ)


わたし的最後の、ちぎさん。



TAKARAZUKA



東京宝塚劇場!



またまた
行ってきます――。

今度こそ、
最後。


ああああ、
もうすぐ東京公演が
始まってしまう*

"終わり――の、始まり。"

始まったら
終わっちゃう。


さみしい。


ちぎさん、
ご卒業されたら
もしかしたら
演者さんを辞めてしまわれる
かもしれなくて。

(男役としての自分以外は、いまは、想像できないんだって‥)

そしたら
ほんとうに最後
だなぁ‥

ともみん(夢乃聖夏さん)みたいに
結婚して
ママになっちゃう
かもね?
もしかしたら。


いや、
だけど
いままで
あまりに宝塚に
一途にどっぷりと入れ込んできたから
振り返っても
いまそこには誰もいない、って
笑って
仰っていたけど。笑

ふふふ、

ちぎさんらしくて
そんなところもまた、
素敵だなぁ。




e0035992_17234823.jpg




(☆写真は、
"しあわせになれよォォ――。"の、シーン。)




わたしたち。

もしかしたら
いつも

遠くにあるものの
ことを
考えていて‥

でも
それは

こころのすぐ近く。




あとすこし、
もうすこし――。

このままで‥

いろんなことから
(夢から)
醒めないで

いられたら‥
いいのに。









.
[PR]

by allofmefor-8 | 2017-06-09 17:37 | TAKARAZUKA、TV、movie | Comments(0)

わたしの愛するひとのイニシャルは‥"S"

.




も――。

泣いた、泣いた‥
(;_;)(;_;)(;_;)(;_;)


昨日は、
映画館で
頭が痛くなるぐらい
泣きました。


平日だし、
全国で中継するので
空いてるかと思いきや
名古屋、
スクリーン2つの部屋が
どちらも
満席だった――。

さすがちぎさん。


堪えきれずに
わたしも
泣いてしまったけど
周りの席からも
すすり泣く声が
たくさん聞こえてて。


ほんと、愛されてたぁ。

雪組
最高です。


大好きな
大好きな
早霧せいなさん。

涙、涙の‥サヨナラ公演。

お芝居も
ショーも

とても
素晴らしかったです。




e0035992_9125858.jpg




e0035992_9131933.jpg





相手役の
トップ娘役さん
ゆうみちゃんも一緒に
添い遂げ退団だったんだけど、

ゆうみちゃんが、もう

ちぎさんのことを
大好きで大好きな
ひたすら一途にちぎさんを追いかけてる
可愛らしい
天使みたいなひとで。笑

最後まで夫婦2人が
ラブラブで
想いやっていて

(最後までゆうみちゃんの手のひらの上で)
(コロコロ転がされるちぎさん!笑)
(むしろ、喜んで転がされてあげてる
心の広いやさしいちぎさんッ。)
(愛しいッ。)

ちぎみゆ尊し――。

もう、
いっそのこと

この2人が結婚すればいいのに。

ショーのときも
2人お揃いの衣装が
それはそれは綺麗で華やかで‥

結婚披露宴かな?

ぐらいの。笑

もはやそんな感覚で
とても
ときめきました。

美しかった!

‥胸がいっぱい*




まだ、あと
東京公演が残っているので。

まだ
あとすこし。

もうすこし‥

しあわせな
夢の世界に
浸っていたいです。

(☆時間よ、止まれ――。)










.
[PR]

by allofmefor-8 | 2017-05-30 14:31 | TAKARAZUKA、TV、movie | Comments(0)

宝塚大劇場、千秋楽――。

.





早霧せいな
咲妃みゆ
サヨナラ公演――。

雪組公演
幕末太陽傳
(Dramatic "S"!)
宝塚大劇場
千秋楽*


ついに。
いよいよ‥

今日で
終わって
しまいます。


ちぎさんが
宝塚大劇場の舞台に立つ
最後の、日。

卒業の日。


そして
このあと、
6月16日(金)から
東京宝塚劇場での
公演を以て
7月23日(日)‥
いよいよ
宝塚をほんとうに
ご卒業です。



さっき‥
ちぎさんの、
入りの様子を
Twitterで追いかけてたら

ちぎさん、
泣いてしまったって‥
(;_;)(;_;)(;_;)(;_;)

雪組、
ほんとに素敵やぁー。

ううう、
わたしまで
涙出てくるー。


そして、今日も
めっちゃイケメン!
最高に輝いてるッ。
ちぎさん!

カッコいいいいいいいいいい。

ああ、もう。
大好きです!



今日の公演も
7月23日オーラスの
大千穐楽も‥

当然、
そんなプレミアムな
チケットは
とても
手に入らないから、

わたしはお留守番なんだけど‥

全国の映画館で
ライブビューイング
生中継が
あるらしい。

ほんと
便利な世の中になったよね、

有難い。


それで。

もちろん、
それに向かってます――いま。笑

まさに、

なう!


今日はお仕事は
11時で
早退しました。


だって。
そんなの‥

絶対に
観なくちゃ、

なんだもん――!涙




あ、そして。

7月23日(日)の
大千穐楽の公演も
ライブビューイングに
行きます、

母と。←

おかあさま、
付き合ってくれるって――!
嬉しい。

だから、
2枚取ったよ。




たとえそこには、居られなくとも。

名古屋の映画館で
見届けることができるなんて。

なんてありがたい。




こちらは、

関ジャニ∞
エイタメ
ジャムツアー
大阪公演ラストの日と
被ったのだけど、

そっちは


さっくり落選したから――ッ。
アホ――!!


なので。
スパッと諦めて

(むしろ、気持ちが決まって
そのほうが返ってよかったわ。笑)

ちぎさんの
サヨナラ公演を
(ライブビューイングだけど)
選びましたッ。

行ってくる――!




でもって、わたし。

東京宝塚劇場の
チケットも
何気に探してます。笑←やっぱりか!
ぽちぽち‥
地道に。


みつかるといいけどなぁ、

宝塚より
無さそうだなぁ。

高いしね‥


あと1回
生で観られたら
言うことないんだけど。

むむ。






わたしの愛するひとの
イニシャルは‥
"S"――!






と、歌うところが
ある。

今回の舞台で
トップ娘役の
ゆうみちゃんが。

早霧せいな――の、S

渋谷すばるの
――S、

でもいい。←笑

わたしの場合。

2人とも『SS』だわ*
ヽ(•̀ω•́ )ゝキリッ




とりあえず、
そんな感じで

寂しいけれど

今日の千秋楽――。


しっかりと

見届けてきます*










**

追伸、

なんか、
全然まだ
宝塚のことよく知らないけれど

今日はわたしも。

一応、
白いお洋服
ちゃんと着てきた――。


映画館で

お見送り
してきます。







.
[PR]

by allofmefor-8 | 2017-05-29 11:32 | TAKARAZUKA、TV、movie | Comments(0)

チケットを取った瞬間、旅が始まる*

.





わたし旅。


昨日は、
ひとりでぶらり、
ゆるり、
ちょっとそこまで
宝塚大劇場、
まで。

行ってきました――!

心にのこる、
素晴らしい時間に
なりました。

わたしの、はじめて。

宝物な瞬間が
またひとつ、
増えてゆく。




昔から大好きだった
阪急電車に
揺られて。

のどかな空間。

JRでの行き方も、あるけれど。
絶対に阪急に乗りたくて
のんびり
行きました。

木目調があたたかい。

落ち着きます。


一人旅って大好き。


遠征も、
もう趣味みたいな
ところになってる。笑

移動する時間でさえも、愛しいです。




宝塚駅に降りて、
もう、
そこから大劇場まで
ずっと
夢の世界――。

花乃みち、
すみれの花
ロミオとジュリエット像、
ベルサイユのばらの
薔薇園‥

とても素敵な
素晴らしいところで
駅からの径の
どんなシーンにも
いちいち
胸が
躍りました*

からっと晴れた
5月の空の
青の蒼さと
白い雲、
大劇場の
赤い屋根と
新緑の濃い緑、
まるで絵の中にいるみたいに
目が眩むほど
美しく鮮やかな
完璧なコントラストは
忘れることができないくらい
心に深く遺って
胸がいっぱいになりました。

何にも形容し難い。

言葉では
とても表しきれない
感動。




e0035992_1154353.jpg




e0035992_23373379.jpg




ああ、
ほんと、
なにかも素晴らしかった
なぁ――。


開場時間まで
ぷらぷらと時間を潰したり
お買い物したり
食事をして

いざ、
劇場のなかへ
足を踏み入れてみると――。

おもったより狭い!

どの席からも
視界は良好で
ちょっと
松竹座をおもいだした。

わたしは
2階の最前列
だったけど
舞台の奥行も
ひとの動きも
ほんとうによくみえる
素敵な席でした。

だけど、
ただひとつ‥
高さあり過ぎて
ジェンヌさんの目線は
ちっとも来ない。

あれ、
もう少しだけ
2階席も
みてくれるようにしたら
もっといいのになぁ。

お芝居は仕方なくても
ショーのときは
もっと。

おもっていたより
傾斜が急で
2階席が
結構高い位置だったので
余計に
そう感じました。

疎外感。

もうすこし
(たとえば下級生の子たちだけでも)
2階席を
たくさん観たら
もっと良いのに、って
おもってた*

2階席最前列は
すごくみやすかったけど

今度チケット取るときは
多少後ろでも
1階席にしようかな、とか
おもうもんね。

どっちからもみてみたい。



だけど、
お芝居はほんっと
さすが
早霧せいな!――という
感じで

喜劇やらせたら
天下一品なんじゃないかな、
ちぎさん。

ちぎさんの右に出るひと
居なさそう。

(もう、こういうお芝居が観られなくなるのかとおもうと、ほんとうにそれが残念で仕方ない‥(;_;))
(他のひとがこんなコミカルなお芝居できるとはおもえないもんなぁ――。)

ほんとうに
ちぎさんの演技力には
脱帽です。

スターのなかの、スター。

華がある。

このまま
ずっと観ていたくて‥
終わりが在ることが
時間の経過が
なんだかちょっと
恨めしかったもん。




落語の演目
【居残り佐平次】のお話
ほんとうに面白かったー。

動きもあって
セリフも可笑しくて
幕末の頃の、
ドタバタ痛快な
人情劇で。

とっても楽しい
お芝居でした。

和物が好きっ!

わたし、
宝塚の有名な作品
ベルばらとかも
観てて思ったけど。

洋物ってなんか、大袈裟すぎる。

まあ、
それがミュージカル
なんだろうけど。

くすぐったい。

それよりも
雪組(ちぎさん)の演る、奥ゆかしくて
慎ましやかな【和物】の世界が
ほんとうに好きで
しっくりくる。

ちぎさんの和物――大好きだー。

ちぎさんにピッタリ!




だけど、
退団公演で
まさかの喜劇を
演らせるとは。

演出家さんたち、さすがです。笑

笑って、粋に
サヨナラを――。


なんて‥
ニクすぎる。


そしてそれが、
なんとも
早霧せいなっぽい。

作家の先生たちから
愛されてるなぁ、ちぎさん――。

そう思いました。

宝塚から
最高のお膳立てを
(これ以上ない花道を飾って)
頂いていたような
気がした。


Blu-rayも早速
予約してきちゃった!

作品として
舞台として
すっごく面白かったから
宝塚には疎いひとでも
お薦めですっ。


ちぎさんの、最後の台詞が‥

「生きよう――ッ。」

だったの、
すごく胸にぐっときた。

最後、明るく
希望で終わるところ。

そして、その
ちぎさんの表情。

明日の方向をみつめて、笑う――。

とても素晴らしい
お芝居でした。




すこしの休憩を
挟んで

第2部は、Show――!

こちらはこちらで
もう、
目も心も奪われる

豪華絢爛で
煌びやかな
The Dream show――!

これが宝塚か、という。

メイクも衣装も
歌も踊りも
なにもかも。

夢の世界。

ジェンヌさんたちが
舞台上を
所狭しと駆け抜ける
駆け抜ける‥!

あちらこちらから登場して

休む間もなく
歌やダンスを惜しみなく披露。
見所満載。

目が2つじゃ
とても足りないぐらい

どこ観たらいいのか分からないぐらい

あまりに
豪勢で
追いきれなかった。

大満足――ッ!

ちぎさんが
組子の1人1人の顔をみながら‥
なんとも言えない
やさしい表情で
頷きながら
歌っていく【絆】のシーンは

涙、涙‥でした。


"――雪組を、頼むよ!"


そう言っているみたいで。

ちぎさんから
だいもん様(望海風斗)への
バトンタッチ*

強く、
熱いものを感じて

泣けました。


とても素敵なシーンでした。


見送る側、
見送られる側‥

こうやってまた、

宝塚の歴史は
続いていくんだなぁ――。




また、必ず、あの場所へ行きたい。




あまりに楽しくて
しあわせで、

強く強く
そう思ったけれど

そのときには
もう、
ちぎさんは
そこには居ないわけで――。

それを受け止めることが
やっぱり
どうしても、
寂しくて
仕方がなかったです。

泣きたい。

悲しい。

切ない。

辛い。

なんでもっと早く――と、

今日もまた
思ってしまう。


ちぎさんのいない宝塚に
なんの楽しみを
みつけたらいいのか‥
とか、

考えて考えて‥

でもやっぱり
(ちぎさんきっかけで)
(ちぎさんのおかげで)
雪組のことは、
いちばん好きだから‥

せっかく好きになったから‥

だいもん様や
あと、
個人的に
彩凪翔くんが
良いとおもってるので
そこを
これからも応援したい*

彩風咲奈さんより、わたしは
彩凪翔くん

なのだけど

次の雪組の2番手は
彩風咲奈さんってこと
なんだよね?

今回も
いろいろ抜擢されてたもんね、

さすがそういうところ
宝塚は
厳しいな、というか
競わすなぁ、
というか。

翔くんのほうが
先輩だよね?
ほんとうは。

いつの間にか
路線落ちしちゃった?

彩風さんのいるポジションは
いままで
翔くんだった気が――。


そのあたりはシビアです。


常に
切磋琢磨の世界。

実力主義。


けど、
彩風咲奈さん
さすが、
歌はうまいなぁ、と
おもったよね。

歌い出した時の声量が違う。

そっかぁー。

そうなると‥
彩凪翔くんは3番手になる
のかな?

まだまだその下には
永久輝せあさんとかも
いるし

どんどん
出てきますね。

次の雪組も
応援したいです。

(だいもん様と組む次のトップ娘役さんも)
(とっても美声で)
(スタイルも良くて、)
(見栄えも素敵でした*)

次の
トップコンビも

ちぎみゆに負けないぐらい
ラブラブになって
欲しい。

そんな、次への
希望の欠片も
ちゃんとみつけつつ‥

それでも

やっぱり
どこまでも大好きな
ちぎさんに
想いを馳せながら――。

わたしの
初めての宝塚観劇は
終わりました*


‥長くなったね。笑←


あはは、
興奮冷めやらず。

ごめん。笑




なんか、最近。

感動することや
心震えることが
とても多くなってきた。

歳とともに、だんだん。

涙脆くも
なったしね。


そういう自分の
素直な感覚や
感情、
大事にしようと思う。


人間って、
大人になるにつれて
どんどん頭でっかちになって
文句ばっかり
愚痴ばっかりになりがち、
だけど

可愛げが
なくなってくる
けど

素直な、自然な感情

感動すること

これからも
大切にしていきたい。


一生、感動。


とにかく。

喜んで
たのしんで
哀しんで
愛しむ‥

笑ったり、泣いたり

素直にそのままを
真っ直ぐに感じる

この気持ちを

いつまでも
忘れたくない。


それが、しあわせ。


わたしはね。

なんかすごく
そう思うことが多くなった。


とてもしあわせな旅でした――。












最後に‥




e0035992_1354877.jpg




もう会えないとおもったから
ギャラリー(出待ち)も
してきました。


宝塚は、
入り待ち出待ち
さらには写真撮影
動画撮影までも
OKなのです。


最後、
ちぎさんの乗った車が
わたしの目の前を通って行って‥

ファンに
手を振ってくれる姿、
格好良かったァ。




後悔はしたくないから。


これからも。

会いたいひとには
会いにいく。


改めてそう、おもった夜。


とても
しあわせでした。










.
[PR]

by allofmefor-8 | 2017-05-28 12:51 | TAKARAZUKA、TV、movie | Comments(0)

すみれの花咲く頃――。

.





昨日の雨が、
まるで嘘のように。

――快晴*


宝塚大劇場へ

一人旅


ちょっとそこまで。

いってきまーす♡
(*´ー`)


写真日記、
できるだけたくさん
UPしますっ!←

にこにこ*






.
[PR]

by allofmefor-8 | 2017-05-27 08:37 | TAKARAZUKA、TV、movie | Comments(0)

【雪組】ベルサイユのばら―フェルゼン編(2013)、観了*

.






「‥み、見えていないのか、」


.

「まず手始めに
バスティーユを攻撃しよう!
そして
我らの力の強さを示すのだ!

シトワイヤン、
行こう――――――ッ!!」





わーい♡笑

オスカル様の
有名過ぎる名台詞、
やっと聞けたぁ――っ。笑

しかも、早霧せいな(ちぎさん)
バージョン♡

うふふ!


ベルばらと言ったら、
これですよ!

奥さんっ!笑


ちぎさんは、
オスカル様の役――ということで、
今回は
男装している女性の役。
男装の麗人。

【Shall We ダンス?】‥に引き続き
女性役。

でもこれは、
女役といっても
男装している役なので
ちっとも違和感は、なし!

凰稀かなめ様との、日替わり交代です。

ちなみに
アンドレ役は
未涼亜希様
柚希礼音様と龍真咲様の
日替わり役交代
なのでした。



あと、
これ(フェルゼン編)の他に、
アンドレとオスカル編
あるらしい。

そっちも
観てみたい――。


って、作品の感想

なんにも
述べてない。←




あっ、
アンドレが
橋の上で撃たれて
絶命する寸前――。

いきなり歌い出すんだけど←笑

‥おぉ、
いま
ここで歌うんや‥
あんた、
もう死ぬところやん――。

てなる。笑

何発撃たれても
なかなか死なないところが
たまらんかった。←どんな感想!笑


展開無視して
いきなり
歌い出すの、

ミュージカルあるある♡笑




e0035992_9324656.jpg








.
[PR]

by allofmefor-8 | 2017-05-26 23:04 | TAKARAZUKA、TV、movie | Comments(0)

【雪組】私立探偵ケイレブ・ハント(2016)、観了*

.





ケイレブハント、
やっと観ました――っ。

ちぎみゆ、
スキンシップが
多めな作品。笑←ゆうみちゃん!うらやまし過ぎ‥ッ。笑


ちょっと、
"ツン"が多めだけど

ちぎさんみたいな彼氏、
ほんっと
理想だわ♡笑

(ちぎさん、絶対‥好きな子ほどいじめるタイプ!笑)

あ、これは
お芝居じゃなくて
普段のことね。




でもって。

お話の主軸となる
殺人事件は‥

なんか、
あっけなく解決したような――。笑

そんな気がしなくもなかった。←

もっと展開が
いろいろあっても
よかったかなぁ、

うんん、
ストーリー的にはそこまで面白いわけでは
なかったけれど、

でも、
嫌でもなかった。

まあ、「普通」でした。笑

わはは。


だいもん様の出番が
あんまり
なかったような
印象。

そんなに目立つ役じゃなかったよね?

もったいないな。




そしてさ、

わたしがおもうに‥

ちぎさんは、やっぱり
和物(日本物)のほうが
圧倒的にお上手な気が
するのです。

"和物が得意な雪組"というだけあって

所作からもう
うっとり。

わたしも
だんだん和物が
好きになってきた*

ただし、ちぎさんの、和物。


洋物より、
和物だなー。




ああー
もー

ちぎさん退団しちゃったら
そこまで熱心に追いかけたい
ジェンヌさんも
いないし、
お茶の間ファンを
ひっそり続けるぐらいかな、
きっと。



もっと早く知っていたかったッ!涙



(星逢一夜の名古屋公演――ほんっと、行きたかったわ‥涙;;)


あのねぇ、

ちぎさんの作品、
もう、
結構たくさん観てきたけど‥

やっぱり

星逢一夜が‥ダントツで好きッ。

これ
いちばん。

あの作品だけは、もう――。

何度も何度も
何度も、
観ちゃう。

物語もとても深いし。

とくべつなもの。

わたしの大好きな
世界観*


【ニジンスキー】
よかったけれどね。




いよいよ土曜日は
宝塚大劇場へ
日帰り一人旅、
行ってきますー!


「――終わり、の‥始まり。」


もしかしたら。

わたしの人生で
「早霧せいな」を生で観られるのは
この日が
最初で最後になるかも
しれない、という。

(ご卒業されても、)
(舞台とかでのご活躍の場が)
(これからたくさんありますように――。)





寂しいけれど

きちんと、
受けとめて‥


噛み締めてきます。






e0035992_1882766.jpg










.
[PR]

by allofmefor-8 | 2017-05-25 18:12 | TAKARAZUKA、TV、movie | Comments(0)