2017年 07月 15日 ( 1 )

むせかえるような、夏の空気

.





ああああ、
明日の準備
まだなんにもできてない
ごろごろー

クーラー依存症。

お昼寝
してました。


関ジャニ∞の
新しいツアーが
開きました*

この夏の始まりと、終わり。

秋の入口、まで。

すばると。

一緒に
どこまで
ゆけるかなァ、


『その向こうにみえるものは。』


最後の福岡まで
怪我なく
無事に
全員笑顔で
完走できますように――。








そしてわたしは。

明日から
すこし、東京です。

東京宝塚劇場

ちぎさんの
卒業まで
あと‥

1週間*

――寂しい。
さみしいさみしい、
淋しい

日に日にその寂しさが
胸に募ります。


もう、
その姿を
みられなくなってしまう。

わたしは。
男役の、
早霧せいなさんが
誰よりも
なによりも
大好きだから

これから
徐々に女性に
戻っていかれる
早霧せいなさんを
受け入れられるかどうかが
多少、
心配なところ。

他のトップスターさんのように

髪の毛を伸ばしたり
スカートを履いたり‥

いつか、
ちぎさんも――。

それがいまは
想像つかないなァ。

ずっと
いまのままで
いて欲しい気持ちが強いのは、
宝塚初心者の
ただの
わがままです。


初めて、
おんなのひとに
恋心(‥に、似たような感情)を
抱きました。

初めて、
おんなのひとを
心の底から
恰好いいとおもいました。

徹底して、男役。

(他のジェンヌさんは
やっぱりどこかで、ふんわり女性的
な部分が
垣間見えるのだけど、)

ちぎさんは。

どこまでも
気持ちがいいぐらいに
とことん、男役。

突き抜けるように
男役。

夢でも現実でも
ずっと
男っぽくいらっしゃる
その姿に
心底
憧れを抱きました。

女性が憧れる男性像。

理想そのまま。

ちぎさんが
このままずっと
男役だったらいいのになぁ――。

少年っぽく
あどけなく
ずっとずっと
無邪気に
笑っていてほしい。

どうか、
そのままでいてください。

もうすこしだけでも。

そんな
複雑な気持ちを
抱えながら。


わたしの、東京旅。

2017年の
夏。


楽しく、

行ってきます*




e0035992_19163329.jpg







.
[PR]

by allofmefor-8 | 2017-07-15 18:53 | TAKARAZUKA、TV、movie | Comments(2)