在りし日の歌

*
*
*
言葉なき歌

あれはとほいい処にあるのだけれど
おれは此処で待つてゐなくてはならない
此処は空気もかすかで蒼く
葱(ねぎ)の根のやうに仄(ほの)かに淡い

決して急いではならない
此処で十分待つてゐなければならない
処女(むすめ)の眼のやうに遥かを見遣つてはならない
たしかに此処で待つてゐればよい

それにしてもあれはとほいい彼方で夕陽にけぶつてゐた
号笛(フイトル)の音(ね)のやうに太くて繊弱だつた
けれどもその方へ駆け出してはならない
たしかに此処で待つてゐなければならない

さうすればそのうち喘ぎも平静に復し
たしかにあすこまでゆけるに違ひない
しかしあれは煙突の煙のやうに
とほくとほく いつまでも茜の空にたなびいてゐた

(言葉なき歌/中原中也)







中原中也ってやりきれない人生だったよなぁって思ってました、学生時代。
人間関係をうまく保てずもどかしく生きていた人。

だけれど嫌いではありません。

(※小林秀雄はどうして後々中原中也のことを有名にしたんだろう、とか・・・高校のとき現国の先生から中原中也の生涯を聞きながら色んなことを考えていました。今はなんだかわかる気がするなぁ・・・大人になったかな、わたしもちょっとは。笑)






e0035992_15215610.jpg




笑っていきましょう。

頑張ろう、がんばろう。




















*
*
*
雑草

雑草こそは賢けれ
野にも街にも人の踏む
路を残して青むなり。

雑草こそは正しけれ、
如何なる窪も平らかに
円く埋めて青むなり。

雑草こそは情けあれ、
獣のひづめ、鳥の脚、
すべてを載せて青むなり。

雑草こそは尊けれ、
雨の降る日も、晴れし日も、
微笑みながら青むなり。

(雑草/与謝野晶子)





*
*





なんだか・・・詩集ばっかりを読み漁ってます。(第2次*ブーム到来中
つまりは喉が渇いたの。

からから、ごっくん


ああわたし。


好きな人がいて、涙が出ます。
[PR]

by allofmefor-8 | 2007-11-05 18:47 | つぶやき | Comments(2)

Commented by taeko at 2007-11-05 19:31 x
「好きな人がいて、涙が出ます」

これってまさに詩だね。


Commented by 朱美 at 2007-11-06 18:59 x

向日葵さんの言の葉全部集めて本を作ればいいのに。
そしたらあたしは毎日を少しだけうまく泳げるようになるかもしれない。

そんなことをよく考えています。苦笑



強くなるのは難しいですね。



、いつか愛子さんみたいな女性(ひと)になりたい、です。