【雪組】星逢一夜(2015)、観了*

.





(号泣)――。

やっぱり‥
とってもせつなかった。

哀しかった‥

辛かった――。


たぶん、誰も、悪くなんてなくて。

みんな、
想い合っていて。


だけど
どうにもならないこと。

立場や身分、

時代と

運命‥

そういうものとの
どうにもならない苦しみや葛藤が
繊細に描かれてた。


愛と友情とやさしさと。


みんなの気持ちが
わかるからこそ。


切ない。

遣る瀬無い。


どうしようもなかった
(そうするしか、どうにもならなかった)
その現実が、

主役3人の残酷な運命が

あまりにも切なくって‥
泣けました。


とっても悲しいお話でした。




クライマックスでの

あるシーンでの、ちぎさんの微笑み――が、もう。

辛くて辛くて‥
(号泣)




ああ、泣いた――。


もう最近‥
毎日泣いてる気がするわ、苦笑。


声を喘げておんおん
泣いてしまうほど、
とっても悲しいお話だったけど、

悲しさのあとに
何かが残る、

すごく素敵なお話、で。


とても素晴らしいお芝居でした。


きっとこれからもずっと
大好きな作品。

わたしのなかの、

とくべつな作品になりました。




――ほしの、おはなし*




あのラスト‥

きっと、
そこには。

一筋の希望があったんだって
おもいたい*


そんな終わり方だった――。








観終わったあと、

おもわず
ため息が零れて‥


絶望的にせつなくって
さみしくって

無性に
誰かに伝えたくなった、

この気持ちを。


"たったひとりの、誰かを。
こころから好きになる気持ち"


鼻の奥が
ツン、として
胸がきゅんとして――。

ひりひり、痛い。




――淋しい。




「星逢一夜(ほしあいひとよ)」

わたしのこころの
一番星‥




好きなひとのことを、

想いました*





e0035992_023741.jpg










.
[PR]

by allofmefor-8 | 2017-05-02 00:23 | TAKARAZUKA | Comments(0)