10年経っても、笑ってる*

.





今日は、仕事中、いきなり父親から
電話が入り、
祖母になにかあったのかと
心臓が飛び出そうなほど
緊張しながら
電話を
掛けなおしたら――。


「いま名古屋に来てる。逢える?」


よかった――。

逢えるよ、と言って
仕事終わりに
職場近くで落ち合った。




e0035992_20131332.jpg




桜を見上げながら

近くの公園を
2人で
すこしだけ散歩してみたけど

まだ到底、早くて。

4分咲き*

「まだだめだったねー
たぶんあと、2週間ぐらいじゃないかな?」

そんな会話をしながら。

「お母さんも呼んでみる?」

今度は母親を
呼び出してみた。


それから間もなく、
母親もタクシーで合流してくれて*

おもいがけず、親子水入らずで、夜ご飯。

やっぱり好きなんだなァ、わたし。
両親のこと。

家族のこと。

祖母のこと。

ほんの、
短い時間だったけれど
とても楽しいひととき
でした。


血のつながり。

安心する。


このひとたちは、

死ぬまで
わたしの"味方"なんだって
おもえる。

どんなときも。


それって、強い。


ありがたい。


このひとたちの、
娘でよかった*








ご飯のあと、
レトロな‥昭和な喫茶店で
コーヒーを、3つ。

年金の話と健康の話。

お墓の、話。


わたしが「お母さん、お墓――どうするの?」と聞くと、
「永代供養でいいわよ、私は。」と言う母。

「そういえばおばあちゃんが、
お母さんもうちのお墓に入ればいいって、こないだ言ってたよ?
ねえ、お父さん。
いいでしょ?
お母さんも一緒で。」

「もちろんいいよ。
だけどお前はちゃんとお墓の面倒みられるのか?
むしろそっちのほうが心配だ。」

「うん、みるよ、もちろん。
ちゃんとする。」


離婚したけれど。

やっぱり、家族なんだなって
すごくおもう*

いろんな"家族のかたち"がある。

うちは、これ。

こんな家族のかたちも‥
あっても
いいとおもう。


きっと――。

なんにも間違ってなんて、ない。




「お金は貯められなかったけれど。
良い人生だったな、

時々、
旅行もできて。

ゴルフもできて。

健康で、生きていられるから。

‥娘はまだ
独り身だけどな。笑」


そう笑う父親が、

「お母さんも、
ここまでよくがんばったね――。」


母がすこし、
泣いていた(ようにみえた)。


あたたかくて。

美味しいコーヒーだった。

とても。




祖母への手土産を買って
それを託し、
父親を電車に乗せて
駅のホームまで
見送った。

見えなくなるまで手を振って‥

手を繋いで、母親と帰宅。




桜、みたかったな。


風が、
強かったな。


不意打ちで撮った母親の写真が、
この世の終わりぐらい
ブサイクで

「消してよー!」

みんなでげらげら
大笑いした。


――3月が、終わるなぁ。




うん。


なんか、

しあわせだ。


わたし。




(今朝の夢から始まって‥)

とっても素敵な、今日なのでした!







.
[PR]

by allofmefor-8 | 2017-03-30 20:23 | Diary | Comments(0)