秋の気配のアルペジオ

.




(※ネタバレしてます )








ただいま。

2泊3日の
徳島旅行から

無事に、帰ってきました*




しあわせで、しあわせで。

これ以上にないぐらい
しあわせで*

あまりに嬉しくて‥

リアルに
何度も‥涙ぐんだ。


とっても
素敵な旅でした。


まみちゃん、
ありがとう。

ひでさん、
ありがとう。


関ジャニ∞、
ありがとう。


そして‥

世界でいちばん大好きな
渋谷すばるくん――。

ほんとうにありがとう*


(自分なりに)
いろんな気持ちを抱えて
徳島まで
持って行ったけど、

なんだか、もうね‥

全部全部――。

救われた気がした*


嬉しかった。








いちばん――最後。

アンコールの
いちばん‥最後、に。

それまでずっとすばるばっかりみていたわたしが

目の前をみたら、
裕くんが立っていて。

その隣に‥章ちゃんが、立っていて。

わたしの周辺をじーっと
俯瞰でみてた裕くんが
ファンの子ひとりひとりに
とても優しく
微笑みかけていて。

それで、最後。

わたしにも‥
ほんっとうにやさしく
ニコって笑ってくれたのが
すごく嬉しくて


(ああ‥)
(ここに雪ちゃんがおったらなぁ、)
(――とか。)
(ちょっとだけ、おもったよ*)

(隣に雪ちゃんがいなくて)
(裕くん‥きっと寂しかったよ。)
(なんちゃって◎)



そのとき
章ちゃんとも
一瞬、目が合った気がした。


いつも想ってる。

ありがとう、の気持ち‥

ちゃんと
伝わったかな――。


関ジャニ∞が――ほんとうに、大好き。

大好きで、しあわせ。








すばる――。

すばるすばる‥
すばるすばる。

ありがとうありがとう。


わたしはこの徳島――でも。

すばるの、"右側"‥に
居られました*


――最前列。


端っこだったけど

すばるの、"右側"。


もうずっとずっと――あそこに居たい。









たぶん、だけど。

まだ誰もレポしてないこと、ひとつ。




"すばるの後頭部には、白髪が‥1本、ありました"




つまりは――。

それぐらい、
近かったってこと。








あと、途中で
「‥暑い、暑い」言いながら
Tシャツぱたぱたしていて
腹筋自分で
さすったりしていて

バンド曲になるとき

ついには、
上着脱いじゃったの、嬉しかった。

上半身(裸)がみられたから嬉しいんじゃないよ。

すばるのテンションが
それぐらいまで上がってることが
嬉しかった。

終始ご機嫌なすばるが、嬉しかった。


嬉しくて‥
楽しくて‥
あまりにも
しあわせ過ぎて――。

わたしは全身から、笑顔が、溢れちゃう。

愛が、
零れちゃう。




目が――合って。

わたし(エイター)が
笑ったら、

すばるも、笑った。




みるみる表情が‥笑顔に、なって。


だいすきなだいすきな
すばるの白い歯。

大きな口。


顔を見合わせて
満面の笑顔で、笑い合った。


お互いの、笑顔。


こんなにしあわせな瞬間は

なかった。


それがなによりも――嬉しかった。




すばるをみていると‥

どうしたって
笑顔になっちゃう。


わたしの身体中から

好き‥が、溢れる◎


それからちょっと、
震えた。

急にどきどきして

"ああ、"
"想いは‥ちゃんと、届くんだなぁ"――って

出そうになる
涙をこらえながら‥

また笑った。




あのとき、

(いまこんなに笑ったら、)
(ただでさえ丸い顔がもっと丸くなっちゃう!)

‥すばるに、
ブサイクっておもわれたくない(涙)

美人になりたい――。

すばるの‥
タイプの女の子になりたい。

咄嗟に
そんなことを
想ったのを、憶えてる*←だってほんとうにおもったんだもん。苦笑




そしたらさ――。

(またもやすっかり忘れていて)

(昨日の夜、)
(寝る前に急いで集めた)

徳島の‥"23語録"の、
すばるの言葉に。


まさに、まさに、そういう言葉が――入っていて。


おもわず、
ぎゅううううって
鳴っちゃった。

嬉しかった――。

(そしてそれ、)
(読んだ当時のことも)
(いまだにちゃんと憶えているわ*)

(あのときも――)
(すごく、嬉しかったなぁ‥ってこと。)


(☆‥沖縄の、)
(すばるの"3つ"の言葉を探しています*)
(集めるのをすっかり忘れてしまいました)
(どなたか分かられる方がいらっしゃったら‥教えてください)
(何度も何度もすみません――。)









**

追伸。

すばるの、新しい
ブラック(マット)のギターは、

"Squier"

って書いてあった気がする。

(すこし丸くて)
(ブラックだけど、シルバーがかってるマットで)

テレキャスだったとおもうけど‥。
(でもすばる、テレキャスの音が好きじゃないって昔言ってたし)
もしかしてまたストラトだった?
上の形をみるのすっかり忘れてた。涙


もし、ストラトだったら――。

あの緑のストラトは
これからどうするんだろうな、とか‥。

ちょっと不安になったりも
して。

わたしの大好きな
たいせつな、

"ストラトの祈り"――。



(でもSquierって――。)
(まあまあ安いとおもうんだよね)

(すばるたちが使ってるギターって)
(どれぐらいの値段なんだろう‥)
(すごく高いものを使ってそうなイメージがあるけど)
(じつは安価なギターでも音が良ければ使ったりするのかな、)


そして、

でも‥Squierのどれか、までは
わからなかった――。

Vintageのような感じもしたけど、

Jim Root Teleにもみえたし。
んー。
ギター詳しくないので
わからないです。


だけど、今度のギターも。

まるで
新しい恋人を
抱いているみたいに

愛しそうに――大切そうに
抱えてました。

楽器を、
愛してるんだなぁ‥と
すごくおもったよ◎


上半身裸だったから、

いつもより余計に、官能的でした。


あんな風にすばるに‥
抱かれたい。


愛されたい――。




それから。
曲と‥曲の、間。

たしか――。

"愛でした。"――の、前。


亮くんが話してるとき、

すばるは
その新しいギターの
チューニングを直していて。

もちろん、
音には出さずに――なんだけど。

シャカシャカと

確かめるみたいに

なにかメロディーを鳴らしながら
チューニングしていたんだけど

わたしは、

それが、
ただ適当に鳴らしているんじゃなくて
なにかの曲に聞えたから
(なにかの曲だったらいいなっておもったから)

耳を澄まして――

すばるの音を、じっと
聞いていたんだけど

なにを弾いていたかは、
わからなかった。

もしかしたら
適当に鳴らしただけだったのかも
しれないけれど。

それでも。

わたしはあのとき、

これが、なにかの曲ならいいのになって
想っていたんだ。

すばるから鳴る音が
すべてメロディーだったら
素敵だなぁって

そんなことをおもいながら

ぼんやり
すばるをながめていたから。


あのメロディーの"名前"を、

とても
知りたかったのです。


わたしの――。

こんな感情に

"名前"‥を、ください。




好きなひとのことは、なんでも‥知りたい。

(知らなくていいことは、知らなくていいけど)
(知ってもいいことは)
(なんでも、知りたい*)


すばるの、ぜんぶ。




"目に見えないものを、目に見えない形にする"




"Your WURLITZER"
"Do you agree?"
"愛でした。"
"無限大"

もう、ほんとうに全部――全部、しあわせな想い出に。

(ついでに言うならば)
(一秒キスも)
(バッキバキ体操も)

ありがとうありがとう。




"その瞳と"
"その両手で"

"瞼閉じたココロの手を引く――・!!"





すばるが、両手を左右に大きく広げた。

いつもみたいに‥
エイターを、ぎゅうぎゅうに
抱き締める仕草

心から、愛しそうに‥


このフレーズを歌った瞬間の、すばるが

忘れられない。


自分のパートを
歌い終えたあと、

語尾に"いえぇ‥!"が付くときって

すばるの、心からの
叫び(溢れる声)な、気が

いつもしてて。


その語尾に

溢れる出る感情が
漏れちゃってる、気が

いつもしてて。


昨日の‥"愛でした。"

それが出たことが、すごくすごく――
嬉しくて。


たぶんずっと‥忘れたくない。








すばるとの、どの瞬間も。

忘れないように、
こころのなかで‥何度も
何度も、
繰り返してる*

たいせつな瞬間。




銀テープは、
自分の頭上に降ってきたやつだけを
手に取ったんだけど

(しかもなるべくおしとやかに←ブリッコ!)

それでも、
すばるがこちらのほう(お客さん)を
じーっとみていたから

(あ‥これも取らない方がよかったんかな?)

とか、ちょっとおもっちゃった。笑←考え過ぎだし

すばるに嫌われたくない。笑


あとから、
銀テープなんて
一本も取らないで、

ずっとすばるだけをみつめておけばよかったな、
って‥すこしおもっちゃった*

せっかく目の前にいたのに‥

一瞬でも、
目を離したのは

やっぱり‥
もったいなかったな‥
(すこし、後悔)


だけど、
やっぱりどうしたって
自分の頭上に降ってくるやつぐらいは
取りたいもん‥。

っていうか、赤が欲しいもん。

1本でいいから
赤が、欲しい。

ただそれだけのこと。


幸運なことに
赤は2本取れたので、
一緒に入ってくださったすばるファンさんと
ちゃんと分けあっこしましたぞ◎←えっへん!笑








とにかくもう。

ほんとうにほんとうに
楽しくて
嬉しくて

とっても
しあわせな旅でした。

ずっと笑ってた。

こんな日がこれからも
ずっと続いていけばいいのになァ‥って

こころから、そうおもった。


(また来年も、行きたいです*)




すばる、
ほんとうにありがとう。

すばるのことを好きになって
ほんとうによかった。

eighterで、よかった。




この想いは――、

わたしの、誇り*




すばるのことが。

世界中でいちばん‥大好きです*








.
[PR]

by allofmefor-8 | 2016-09-19 23:20 | 渋谷すばる