アンニュイ、水曜

.




今日は、帰りに本屋さんで
テレビガイド渋谷すばる号買っちゃう♡

はやく読みたいな――っ。
たのしみっ♡


それでもって、
テキストちょっとだけみかけたんだけど。

すばる、ソロツアー
2年やってみて「やりきった感」みたいなところが
あるようですね。

このツアー中にも、
ほんとうは、
(こんな感じのままではきっと続けられないだろうなぁ)っておもったって。

わたし、
むしろこれから毎年恒例になりつつあるのかと
おもっていたのに
じつはその逆だったんだね。

だけどさ、

すばるがそうおもえたこと、それってすごいことだなぁ*

ここでまた一旦止まったとしても
それはそれで
いいんじゃないかな。
やりきれたなら。


あの両国の夜のことを‥いまでもたまに思い出すんだけど。


すばるは――。
ほんとうにほんとうに
すごかった。

言葉では言い表せないぐらい、

あのひとのなかから
これ以上のものはもう絞り出ないんじゃないのか‥っておもうぐらい
出し切ってたもん。

素晴らしい「歌」だった。

渾身の、

魂の歌声だった。

だから。
もしまた来年ツアーをやるとしても
あれ以上のものをみせないといけないわけだから
それって‥やっぱり、
並大抵のことじゃないとおもう。

だから、すばるがそうおもうのも
とても納得できる。


そういうことも
ちゃんと、教えてくれる

すばるがやっぱり大好きです。








**

先日の関ジャム、
絢香とのセッションが
いまだわたしのTL内では
盛り上がっているのだけど。笑
ふふっ。

(いや、)
(あれ‥見返せば見返すほど)
(ほんとうに素晴らしかったもんね*)

(すばるが楽しそうで)
(絢香との声のハーモニーが相性抜群で)

(みていて心からしあわせな気持ちになるセッションだったッ◎)


その際に話に出ていた、
"words"のエピソードについても
みんなそれぞれ呟いていて。

すばるが
「なにも出ないから、行かへん」って言ったのに
スタッフに「なにもなくていいから、とりあえず来い」って呼び出されて
スタジオ行って
ピアノのひとと挨拶をして
2人きりで部屋に入れられて
結果、1時間ぐらいでバーっと書いたっていう
エピソード。

あれすごいよね!っていまだエイターみんな言ってるけど

わたしじつは
"words"が発売されたとき
そんなに魅力を感じなかったんだよな―あの曲に。

それでそのあとそのエピソードを聞いて、さらに
(うん‥やっぱりね。)ってなったのを
おぼえてる。

あの当時、
すばるにはフラフラがあったから。

自分の気持ちを歌う場所として
フラフラと云うバンドが
すばるにはあったから。

エイトのほうではもう
自分の気持ちを「書きたい」とか
「歌いたい」っていうまでの気持ちに
すばる自身、あの当時はなってなかったような
気がするの。

それがまさに表れていた曲だったな―とおもっていて。


だからといって
いい加減に創ったわけじゃないってことは
もちろん、わかっているんだけど。


だけど、
わかりやすいなって。


だけど、
だから、

"words"って
じつはいままで
そこまで繰り返して聴いたりもしてなくて。

(すばるのソロやユニット曲で)
(この"words"と"Glorious"は)
(いままでそんなに好きなほうではなかったんです*)
("Glorious"はいまでも好きじゃないけど。←笑)



なので
今回のソロツアーで
"words"が入っていて
また新しく日の目をみたというか、
すこし違った角度で生まれ変わったというか
(わたし自身にとっても)
結果的には良かったなーとおもってる。

ピアノの方(佐藤真吾さん)とあの場所で顔をみつめあいながら
「叩け!ガンガンにSHINGO!」って言いながら
音を鳴らして
飛ぶように、跳ねるように
心から楽しそうに歌うすばるが
みられてほんとうによかった*

ひとつ、トラウマもなくなった。笑

ああいう蘇り方も、
あるよねっ◎

うふふ。


‥‥。


って、何の話だっけな?笑

ああ関ジャムの
話だった。笑


毎日いろんなこと、おもいすぎ。笑

オタク。笑








**

あ――っ。
んっと、もうさー。

夜が涼しくなってきたせいか

知らず知らずのうちに
寝冷えしちゃうみたいで
喉が本格的に痛いんです。

なので今朝は、葛根湯のんだ。

徳島までに
治りますようにッ☆

そろそろ準備もしないとなー。


‥でもって、
台風くるの??

それだけは
やーめーてぇー。


まだまだ、いろんな気持ち
持って行きます◎




週末に向かって
あとひと踏ん張り――っ。






.
[PR]

by allofmefor-8 | 2016-09-14 10:33 | 渋谷すばる | Comments(0)